まむりずむ

高齢出産ママの日常、育児、節約術などお役立ち情報をお伝えします。このブログを見たあなたが元気になると嬉しいです♪

30代から続く夜止まらない咳。10年経って辿り着いた夜の咳を止めたBスポット療法

こんにちは、オレンジマムです。

長くブログをお休みしていました。

バタバタしていたのと、風邪から夜止まらない咳が出てしまい...。

咳が酷すぎて夜寝れない状態でした。

 

今は咳が止まり、夜ぐっすり寝れるようになりました。

これからはぼちぼちブログを更新しようと思います(^^)

今回は30代から10年続く、風邪の後の長引く酷い咳の解決法についてお伝えしますね。

 

f:id:orangemam:20171215175829j:plain

 

夜止まらない咳は突然に

33歳くらいから、風邪の後に急に咳が止まらなくなりました。

夜酷くなり、寝れないほど。

内科に行き、診察してもらったら【風邪】との診断。

咳止めと抗生物質をもらって終わり。

でも、咳止めも抗生物質も効きません。

2週間ほど経てば、咳が収まるので我慢して寝れない日々を過ごしていました。

 

どんどん酷くなる夜の咳。呼吸器外来に通院

30代後半からさらに咳が酷くなりました。

治りが悪くなり、眠れない日々が続く状態。

何かのヒントになればとネットで調べてみると【咳喘息】という病気があるのを知りました。

 

喘息とついていますが、喘息特有のゼーゼーという呼吸音はありません。

夜間に酷くなり、咳が止まらなくなるという症状。

放置すると、一定の割合で喘息へ移行するというのを知り、呼吸器外来を受診しました。

f:id:orangemam:20180529142946p:plain

 

呼吸器外来にて咳喘息の診断

近くの呼吸器外来を受診。

すぐに咳喘息の診断が出て、漢方薬の咳止め薬と気管支拡張剤(シール)。

咳喘息症状を止める吸入器が処方されました。

 

これで、夜ぐっすり寝れる!と喜んだものの。

薬の効き目があまり良くありません( ;∀;)

それでも内科で処方される全く効かない咳止めと抗生物質よりはマシなので、こんな物なのかな~と思っていました。

 

出産後ひどくなった夜の咳。他の治療法を検索する日々。

しかし、出産後に思わぬ誤算が。

風邪の後の咳がひどくなったんです。

呼吸器外来の薬も前以上に効きが悪くなっていました。

咳やのどに良いアロマ(ユーカリ、ティートリーなど)を使ったり、風邪をひきにくくするマヌカハニーをなめたり。

超音波温熱吸入器ホットシャワーも購入。 

 


 

 

アロマもホットシャワー、マヌカハニーも風邪の引きはじめに使うとバッチリ。

ただ、子どもが体調を崩したりして私が無理をして風邪をこじらせてしまった時には効きませんでした(´Д⊂ヽ

 

夜、眠れないネットで見付けたBスポット療法

咳で眠れない時にネットでたまたまBスポット療法(塩化亜鉛塗布)という治療法に出会いました。

喉の奥、上咽頭には免疫が集中しています。

その上咽頭が何らかの原因で慢性的に炎症を起こしていると、免疫系統に狂いが出て、
・頭痛
・咳

・喘息
・めまい
・後鼻漏

自律神経失調症
アトピー性皮膚炎
膠原病
・IgA腎症

などの症状が出る原因の一つとなる事も。

Bスポット療法を受けて頑固な咳や喘息、アトピーなどが改善した人の口コミを見て驚きました。

にわかに信じがたかったのですが、夜の咳がつらすぎたので近くの医院を探してBスポット療法を受ける事にしました。

 

Bスポット療法とは

Bスポット療法自体はとてもシンプルな治療法です。

塩化亜鉛をしみこませた綿花で上咽頭をこするだけ。

↓くわしくはこちらをご覧ください↓
(慢性上咽頭炎を研究されている医師の先生方のHPです)

jfir.jp

咽頭の慢性炎症がBスポット療法で取れると、症状が改善します。

私は1回目の治療から劇的に咳が止まりました。

f:id:orangemam:20180530174545p:plain 

Bスポット療法のデメリット

ただ、喉の奥をこするので始めは少し嘔吐しそうな感じが...。

炎症があった場合は激しい痛みがあります。

ただ、それも始めの1回が一番痛みと嘔吐感が強いだけで徐々に弱まってきます。

炎症自体はBスポット療法で取れてくるので。

痛みに関しては咳で一晩寝れなかった事を思えば、週に1回数十秒なら全然我慢できます。

他の患者さんも同じような事を言っていました(´▽`)

 

 

Bスポット療法は効果があるのですが、まだ実施している医院が少ないのがネック。

ですが、徐々に施術している病院は増えているのでネットで検索するか、最寄りの耳鼻咽喉科で問い合わせてみて下さいね。

耳鼻咽喉科に問い合わせする場合は、「塩化亜鉛を上咽頭に塗布する治療はやっていないですか?」と聞いてみて下さい。

 

Bスポット療法の通院頻度、治療費

通院は週に1回程度。

症状が改善したら、医師と相談して2週に1回など間隔を空けて大丈夫です。

実際に上咽頭をこする時間は数十秒なので、治療時間は数分です。

 

治療費は初診の時のみ内視鏡など検査等があるので、約4,000円。

2回目からは1,000円以内です。

効果があるのに、リーズナブルな治療費で本当に助かります。

f:id:orangemam:20171025201022j:plain

 

まとめ

私は現在数週間に1度、上咽頭を良いコンディションに保つために通っています。

おかげで咳で眠れないという事はありません。

風邪の引きはじめにBスポット療法を受けた時には、すぐに治って助かりました。

 

思わぬ効果ですが、高校席の時から片頭痛がBスポット療法を始めてから激減しました♪

先生に聞くと、Bスポット療法で片頭痛自律神経失調症が改善するのはよくあるそうです。

しつこい咳で薬が効かず悩んでいる方、今の治療がうまく効かずお困りの方のお役に立てたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村