オタク主婦の頭の中

アニメ、漫画好き主婦。高齢出産ママの日常、恋愛、育児などのお役立ち情報を綴っていきます。

3歳児連れハワイ旅行記(2)機内への持ち込んで役立ったもの

こんにちは、オレンジマムです。
3歳児連れハワイ旅行記(1)の続きになります。
 
もし前回の記事を読まれてない場合は、先に旅行前の準備編について書いてある、こちらの記事(1)からお読みくださいね(*´ω`*)


今回は機内持ち込み品編です。

飛行機内に持ち込んで役立ったのもの

・ポータブルDVDプレーヤー
・子どもが好きな番組のDVD
・ペンと落書き帳
・シール
・お気に入りの飲み物(お茶やジュース)
・好物のお菓子と飴かラムネ
・お気に入りのオモチャ
・着替え
・ウェットティッシュ
・オムツとお尻拭き
・飛行機の気圧対策用耳栓(子供用)

 
ハワイアン航空は日本語を話せるCAさんが複数搭乗。
幼児連れの方には搭乗時から声掛けをしていて助かりました。

肘掛けにはモニターもあり、ちょっとしたゲームや幼児向けの番組も見れます。
始めは物珍しさから遊んでましたが、子どもが好きな番組はなく、すぐ飽きてしまいました(T_T)

ポータブルDVDプレイヤーとDVDが大活躍

荷物が大きくなりますが、ポータブルDVDが大活躍しました。
機内で離陸準備をしている時など、大好きなDVDを流していると画面に集中するので落ち着いて見てくれました。

DVDは100円ショップで買ったケースに入れてコンパクトに

DVDは色んな種類を持って行きました。
トミカプラレール
・こどもチャレンジ
おかあさんといっしょなど。
 
20枚程度持って行ったので、旅行中子どもが飽きる事はありませんでした。

ただ子連れ旅行は荷物が多くなりがち。
DVDは100円ショップ「ダイソー」で買ったソフトケースに移し替えました。

コンパクトながら20枚も収納できる優れもの☆
マクドナルドのハッピーセットのおまけDVDなどの収納にもバッチリですよ。 

    ↓↓我が家のDVDケースです↓↓

f:id:orangemam:20170516145351j:plain

DVD以外にも遊べるグッズがあると、なおGood♪

他にも子どもが好きなシール、落書き帳とペン、塗り絵などちょっと遊べるものがあると一緒に遊べて子供の気が紛れます。
ハワイアン航空の場合、4色のクレヨンと塗り絵をくれました。
塗り絵をしたり、シールをしたりと親が一緒に遊んであげると子どもも嬉しいようです。

シールブックは100円ショップ「ダイソー」で購入。
1冊で100枚以上シールがあります。
どこに貼ろうか相談しながらやると結構楽しめますよ♪

シールや塗り絵などは音が出ないので、周りの人に迷惑がかからないのでおススメです。

f:id:orangemam:20170516151655p:plain

機内に持ち込んでおくのをおススメするもの

それはお気に入りの飲み物、飛行機の気圧対策用耳栓です。
国際線利用の時、100mlを超えるあらゆる液体は航空機内への持ち込みが禁止されています。

しかし、出国手続き(手荷物検査)を終えた後、免税店で購入する物は100mlを超えた液体でも持ち込み可能です。
免税店、自動販売機でお茶やジュースが売られているので、子どもが好きな買っておいてください。
飛行機の離陸、着陸時の急激な気圧の上下で耳が痛くなるのを防ぐためです。

飲み物を飲ませるタイミング

・離陸前から上昇中、高度が安定するまで少しずつこまめに飲ませる
・着陸時は目的地に近付いて、ベルトサインが付いた頃から下降時から着陸まで少量をこまめに
(離陸時、下降時に子どもが寝ている時には飲み物は不要です)

出来たら飴をなめさせたり出来るとさらにいいです。
飴が苦手な場合はラムネでもOK(*´▽`*)
 
離陸、着陸時の気圧変化による耳の痛みは大人でもツライもの。
前もって対策して、機内で子どもが快適に過ごせるようにしてあげて下さいね。

機内でのトイレ、オムツ替え事情

飛行機内でもオムツ交換可能です。
トイレ内にオムツ交換台が用意されているので安心。
利用前にCAさんに声をかけると、使用済みのオムツを入れるビニール袋を渡してくれますよ。
 
しかし、飛行機内のトイレなので少々狭く、オムツ交換しにくいです(^-^;
息子はオムツ卒業目前だったのですが、怖がりの性格の為、慣れない飛行機内でのトイレは難しいと思い、飛行機の中ではオムツにしました。
 
実際、飛行機内のトイレは無理だったのでオムツにして良かったと思います。
狭いし普段とは違う雰囲気なのが嫌だったそう。
飛行機内のトイレは少ないので、トイレが近い年齢の場合など、機内だけオムツにするのもありだと思います。
 
トイレトレーニング中の場合、お子さんに前もって「飛行機の時はオムツにしていいよ」と前もって言っておくといいですよ。

まとめ

今回の機内へ持ち込んで役立ったもの、いかがだったでしょうか?

子連れ長距離フライト、大変ですがある程度用意をしていれば快適に過ごせるようになります。
少し荷物が多くなりますが準備しておくと、精神的余裕がうまれます。
親が落ち着いていると子どもにも安心感が伝わるので、結果的に飛行機でも大人しくしてくれますよ。
 
今回の記事が快適な子連れ旅行の参考になれば嬉しいです(*^^*)