オタク主婦の頭の中

アニメ、漫画好き主婦。オタク目線での日常、恋愛、育児お役立ち情報など綴っていきます。

3歳児連れハワイ旅行記(1)始めての飛行機、旅行前の準備で快適空の旅

こんにちは、オレンジマムです。
昨年末、家族でハワイに行ってきました。
息子が小学生くらいになったら行けたらいいね~、なんて言ってたら親族がハワイ挙式の案内が。

親族は海外法人勤務のうえ、相手の女性も外国籍の方。
息子が小さいので始めはお断りしようかと思ったのですが、今後海外で暮らす予定の親族に会いにくくなるだろうからと思い切って参加することに。

息子にとって初めての飛行機。
そして海外。

旅行前に子どもを空港に連れていったり、飛行機内に持ち込む物を色々準備しておいたので、無事に旅行出来ました。
今後、長距離飛行機などで移動の方のお役にたてばと思い記事にしますね。

 

f:id:orangemam:20170223172550j:plain

満2歳からの子供は飛行機の離着陸時、シートベルト着用が必要

国際線では満2歳から離着陸時、一人でシートベルトを着用の航空会社が多いようです。
今回私が利用したハワイアン航空もそうでした。

離着陸の時だけとはいえ、小さい子どもにはなかなかハードルが高いんですよね。
大人しくしているわけないですし(・ω・)
息子は怖がりな性格なので、余計に気がかりでした。

何も対策しなければ、ぐずって最悪の場合、飛行機が飛ばない可能性も。
(他の方のコラムですが、国際線の機内で子どもがぐずって離陸時間ギリギリまでシートベルトが着けれず、CAさんがかなり焦っていた事もあったそう)

当日困らない為、子どもと自分自身の不安を最小にする為にも事前に準備しておくのは大切です。

旅行前に準備しておいて役立ったこと

・DVDやテレビなどで飛行機の映像を見せて、これに乗るんだよと子どもに教えておく
・飛行機に乗ったら、上る時と降りる時はシートベルトを着けようねと言っておく
・事前に空港に行き、飛行機の音などに慣れさせておく
・空港併設の施設で遊びながら飛行機のシートやシートベルトを実際に触れたり、旅行は楽しいという気持ちを盛り上げておく

子どもは前もって教えておくと、当日落ち着きます

まずはTVでたまたま飛行機が映った時などに、「〇月に飛行機乗るよ」と伝えるようにしてください。
それから徐々に飛行機に乗る時にシートベルトを着けることなど教えて下さい。

普段から自動車に乗っているのなら、ベビーシートでベルトを締める時に「飛行機に乗る時も1人でベルトを締めて座るんだよ」って言うと子どもも分かりやすいかと(^^)

一番のおススメは空港へ遊びに行って、飛行機の音などに慣れる事

f:id:orangemam:20170225123115p:plain

遊びついでに空港へ行くのは本当におススメです。

空港にある施設は
・お洒落なカフェやレストラン
・雨が降っても大丈夫な展望デッキ
・滑走路の近くで迫力ある飛行機の離着陸を見れる見学ツアー
・フライトシュミレーターや管制塔の仕事など本物に近い機材で遊べるミュージアムなど

空港は飛行機に乗りに行くだけの場所かと思っていましたが、今はデートや家族連れで遊びに行くのに魅力的な場所になっています。

まずは展望デッキで飛行機の音に慣れる

見晴らしが良く、飛行機を近くで見れる展望デッキに行ってみましょう。
迫力のある飛行機の離着陸にお父さんも子どもも大喜びです。
ついでに大きな音にも慣れちゃいます。
我が家の息子も飛行機の大きさ、スピードの大興奮。
旅行が楽しみになりました(^^)

空港併設の施設でフライトシュミレーターやシートに実際に座ってみる

空港の中、または近くには飛行機を見るのに良いスポットや、空港の仕事を楽しく学べる施設があります。

大抵の施設には飛行機で使われるシートが設置されている事が多いんですね。
シートにはベルトも着いていたので、「飛行機が飛ぶときと降りるときはベルトを締めないと危ないから、着けようね」と言って、実際にベルトを締めて一人で座る練習をしました。
始めは親の膝の上に座せて、次は一人でシートに座らせる。
最後に一人でシートに座ってベルトを締める、と徐々にやってみるといいですよ。

関東、中部、関西の主な空港のビューポイントや施設のサイトをご紹介しますね。

【関東】

ベストビューポイント | 成田国際空港公式WEBサイト

航空科学博物館(成田空港からバスで15分程度の所にあります)

空港を楽しもう | 羽田空港国内線旅客ターミナル

【中部】

食べる・買う・遊ぶ | 中部国際空港 セントレア


【関西】

関西国際空港|KIXで遊ぼう!

関空展望ホール スカイビュー


他にも事前予約が必要ですが、おススメのポイントがあります。
関東では成田空港近くにあるJALANAが整備工場見学。
関西では関西国際空港が【わくわく関空見学プラン】を実施しています。

普段見れない飛行機や空港の裏側を知るとこが出来て、大人も楽しめますよ。

まとめ

子どもにとって長時間のフライトは何も対策しなければ、苦痛な時間になってしまいます。
周りのお客様に迷惑がかかり、一緒にいる親もとても肩身が思いですよね。

急な移動では仕方ありませんが、もし事前に予定が分かっていたら是非空港に連れて行って慣れさせてあげて下さい。
一度行くだけでも子どもはなんとなく覚えていて、旅行当日の不安は少なくなります。
子どもが新しい環境に慣れるのは早くて、驚きます。

我が家は1回だけのつもりが見学プランや展望デッキ、フライトシュミレーターなど見どころが多く、親も楽しくて結局2回も空港に行ってしまいました。
家族みんなで遊びながら旅行前の準備をして、快適な空の旅を楽しんでくださいね。


次回は機内に持ち込んで役立ったものをお伝えしますね(*´ω`*)